モンテッソーリ教育 高崎市 St.ボスコこどものいえ

モンテッソーリ教育 高崎市 St.ボスコこどものいえ

モンテッソーリ教育 高崎市 St.ボスコこどものいえ

モンテッソーリ教育 高崎市 St.ボスコこどものいえ

モンテッソーリ教育 高崎市 St.ボスコこどものいえ

トップ> こどものいえについて

こどものいえについて

教育方針

『わたしが ひとりで できるように てつだってね』
マリア・モンテッソーリ 著 「幼児の秘密」より

“St.ボスコこどもの家”では、モンテッソーリ教育に基づき、次のように考えて教育にあたっています。
幼児の尊厳と内在する力を信じ、人間として自立するよう個の確立への手助けに心をくばります。
他人を思いやり、平和を愛する心を育てます。

私どもが育んでゆきたいと願っているのは、このようなこどもです。
衝動的で短絡的ではなく、よく考えて行動するこども。
年齢の異なるこどもたちの集団のなかで、他人に思いやりのあるこども。
やりはじめた事に、最後まで取り組む集中力のあるこども。
自分が何をしたいか、しなければならないのかがわかるこども。
自分への信頼に満ち、落ち着きのあるこども。

モンテッソーリ教育とは

イタリアのマリア・モンテッソーリ(1870-1952)が長年にわたるこどものいえでの現場経験に基づき、医学・生理学・心理学などの自然科学と、教育学・哲学・宗教学などの精神科学を総合して体系づけた教育です。 maria.jpg
モンテッソーリの考えた独特な体系を持つ教具と、系統だったカリキュラムにより、こどもの能力を引き出し、自立するこども・思考力のあるこどもを育てます。
モンテッソーリはこどもが発育していく過程において、身体の動き、感覚、秩序、言語、数などを学ぶにふさわしい一時期である“敏感期”があること発見し、大変重要視しました。
敏感期は大人になるまでに、さまざまな形で現れます。しかし敏感期は一過性のものです。したがって、St.ボスコこどものいえでは、それぞれのこどもの敏 感期を逃さずに、こどもが興味をもって自発的に活動しながら、いろいろなことを身につけてゆくことが可能な教具と環境を整えながら、教育をすすめてゆきま す。

St.ボスコこどものいえでの活動

bosco04.jpg こどもたちは、こどものいえにやって来ると、まずくつをぬぎ下駄箱にしまい自分のカバンの中からコップとタオル(お弁当)を出し、シールをはって名札をつけ、全て整えてから先生とあいさつを交わしお部屋に入ります。この過程においてもこどものリズムがあり順序がありこどもの中の秩序を守るという敏感期を満たしています。その後、自由に教具を選択して、自分が気に入ったお仕事を見つけて、熱心に取り組んでいるこどもも いれば、何をすればいいのか迷っているこどももいます。このような時、教師はあせらずせかさず、こどもを見守り、必要に応じて手助けをします。このような こどもも、先生のちょっとした誘いや周りのこどものお仕事を見て、興味が湧き、実際自分もやってみたらおもしろく楽しく達成できたりします。このことによ り自信をつけたり、今まで躊躇していた事に挑戦してみようという意欲が湧いてくるのです。
またこどものいえでは、チャイムとなるようなものはなく、お仕事→お手洗い→お散歩→昼食→お帰りという流れをこどもたちがくり返すうちに自然に身につ け、先生の短い言葉か、時計の音が合図になりこどもたちが自立的に動きます。こどものリズムに合わせられるのでいつも昼食が遅れがちになってしまいます が、途中で中断されることなく完結されるので誰からも不満が出ず、こどもたち自身で創り上げるこどものいえの時間はかけがえのないものです。
大人(教師)がこどもに任せ信頼しているのでこどもも同じように信頼してくれる関係となるため、年々少児のこどもも先生の方を見てお話を聞きます。こども たちは先生のお話に対して、いろいろと質問したり、お互いに考えを言ったりします。このようにして、人の前で自分の考えを言ったり、ほかの人の話を静かに 聴くことができるようになります。